CATEGORY

高齢者・医療施策

  • 2021年4月10日

高齢者の孤立防止を/介護現場の実情調査

 公明党の高倉良生都議(都議予定候補=中野区)は9日、東京都中野区で介護事業所の運営や介護予防事業などに取り組む「株式会社カレア」を訪れ、介護現場における社会的孤立の現状を巡り、田口善彦代表取締役と意見交換した。地元区議が同行した。  田口代表取締役は「家族と同居しているが、認知症などの要因で意思疎 […]

  • 2019年12月19日

令和2年度予算要望を行いました

都議会公明党は本日午後、小池都知事に対して令和2年度予算要望を行いました。この中では、消費税による財源確保で国が来年度から実施する私立高校授業料実質無償化(年収約590万円未満)を踏まえ、都の実質無償化を年収約910万円まで引き上げるよう強く要望しました。 また多胎児の育成支援への総合的な取り組み、 […]

  • 2018年8月6日

介護医療対策を要望

公明党東京都本部の「介護・医療対策本部」は本日、厚生労働省で高木美智代・副大臣に会い、介護人材の確保、介護報酬の見直し、事務処理負担の軽減など、介護事業者からの意見を集約した20項目の要望書を手渡しました。 東京都本部では所属の全議員が今年4月から6月にかけて都内各地域の介護事業所などを訪問し、介護 […]

  • 2017年6月17日

全国トップクラスのがん対策!

「がん対策といえば公明党」 今ではそう言われるくらい、公明党はがん対策に熱心に取り組んできました。 国政では「がん対策基本法」成立をリードし、今年で施行10年。 東京都でも、全国トップクラスのがん対策を展開中です。 例えば、医療の進歩に伴い、働きながら通院治療するがん患者の方々が増加。 そこで今年6 […]

  • 2016年10月4日

駅の転落防止策進む

東京メトロの青山一丁目駅(東京都港区)で8月15曰、盲導犬を連れていた視覚障がいの男性が電車にひかれ死亡した痛ましい事故を教訓に、駅の転落事故防止策が公明党の後押しで加速している。東京メトロは今月1曰から、安全監視を強化するなどの再発防止策を開始。国上交通省も全国の主な鉄道事業者で構成する「駅ホーム […]

  • 2016年7月2日

都営住宅に「階段避難車」を配置

高木陽介衆院議員・松葉多美子都議、地元の久保りか中野区議らとともに、中野区白鷺1丁目の都営住宅そばで参院比例区の街頭演説を行いました。 都営住宅に居住している方から、震災などでエレベーターが停止した非常時に、都営住宅の上層階に住む高齢者を安全におろすことができる「階段避難車」を配置するよう要望を受け […]

  • 2016年3月14日

がんの診断・治療に最新機器の導入を(都議会厚生委員会で質疑)

高倉良生は3月14日の都議会厚生委員会で質疑に立ち、今後整備される「多摩メディカル・キャンパス」の中に導入される、がんの早期発見・早期治療のための最新機器について都の見解を求めました。 この中で高倉は、乳がんが女性のがん罹患率1位になっていることを指摘した上で、導入される機器のうち、乳がんの超早期診 […]

  • 2016年3月8日

都議会予算特別委員会で公明党の橘正政調会長が質問に立ちました

2月7日から都議会予算特別委員会が始まり、公明党からは橘正剛・政調会長が質問に立ちました。 この中で橘議員は、平成28年度都予算案において「福祉と保健」が過去最高となっていることに対し、共産党が、福祉予算の増加は国制度による義務的経費が高齢者人口の増加に伴って増えているに過ぎない、コメントしているこ […]

  • 2016年2月16日

ペットと高齢者の共生へパンフ発行

東京都は2月16日、高齢者がペットと楽しく安心して暮らすためのヒントを紹介したパンフレット「ペットと暮らすシニア世代の方へ」を作成しました。昨年6月の都議会代表質問で公明党が、高齢社会におけるペットとの共生施策について質問したのに対し、都が今年度中にパンフレットを作成する考えを示していました。 高齢 […]

  • 2012年4月8日

遠位型ミオパチー患者会のシンポジウム開催

心臓より遠い体の部分から次第に筋力が失われていく、100万人に数人といわれる希少難病の「遠位型(えんいがた)ミオパチー」患者会によるシンポジウムがJR品川駅そばで開かれ、私も参加してきました。確実に取り組みが前進しています。 患者会の念願である治療薬については、東北大学医学部での医師主導による第1相 […]